Close

先行販売を開催中

京丹波ラディッシュ
の味わい方

生はもちろん、新しい食べ方も発見。おいしさ弾む京丹波ラディッシュの食べ方3ステップ

焼いてもみずみずしいので、中から一段と甘くなった旨味がジュワッと。素焼きはもちろん、バター炒めにも。

シャキシャキ軽めの爽やかな食感が、シャクシャク歯ごたえのある食感に。まずはスープやシチューがおすすめ。

油通し程度で乙女チックなピンク、数十秒揚げれば大人っぽいボルドー。素揚げに軽く塩を振って召し上がれ。

レシピ

生はもちろん、新しい食べ方も発見。おいしさ弾む京丹波ラディッシュの食べ方3ステップ。焼いたり、煮込んだり、揚げても良し。京丹波ラディッシュを楽しく味わおう!

ラディッシュ

Radish

ラディッシュ

大粒でジューシー、甘くてフルーティー。おいしさがポンポン跳ねる新鮮味に舌と心も弾む、畑生まれの京こまり。

ブログ

京丹波ラディッシュのストーリーをはじめ、生産地である京丹波町。そしてお取引先である八百屋さんなどもご紹介していきます。

生産者

情熱の赤はラディッシュ色。そんな熱い想いを持った生産者によってプロジェクトが実行されています。生産者取材もどんどん行っていきます。

京の丹波、野村家

野村幸司

京野菜や黒枝豆の一大産地京丹波町で、若手農家を牽引する存在として躍進中。京丹波でラディッシュを栽培。

Shops

お取り扱い店舗

京丹波ラディッシュを取り扱っている店舗や八百屋さんを紹介していきます。